[PR 広告]

映画「酔拳2」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 114 $の勝ち

おし!「スポーツの秋」なので、
スポーツをスタートしようかね^^(‥ )^^^ ~~~ パタパタ

どれにしようかな?\(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆
やはり手軽にできるスポーツでないと問題がありますからね
いや~疲れると続かないですからねオホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!

考えておきましょう(・m・ )クスッ

●●●●●●●●●●●●●●●●●

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと考えていますプププッ (*^m^)o==3
と言ってもヤフーに載ってる感想ですがワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ


本日は「酔拳2」の感想を紹介したいと思っています(o_ _)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!


この映画の製作年は1994年です!!

監督はラウ・カーリョンとジャッキー・チェンで、脚本がエドワード・タン、ユエン・カイチです!!!!("▽")化ッ (旭化成風)

この映画でメインで出てくる人はジャッキー・チェン (黄飛鴻(ウォン・フェイフォン))とアニタ・ムイ (イン)です!!!!(-_-)ウーム

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ジャッキー・チェン (黄飛鴻(ウォン・フェイフォン))、アニタ・ムイ (イン)、ティ・ロン (黄麒英(ウォン・ケイイン))、ラウ・カーリョン (福又祺(フク・マンケイ))、ロー・ワイコン (譚昌(ジョン))、アンディ・ラウ (ホー・ヨンファン)、フェリックス・ウォン (魚屋の燦(ツァン))、チン・ガーロウ (製鉄工場に勤める火生(フォウ))、トン・ピョウ ((日本公開版はカット))って感じですね('ー') フフ

「ポリスストーリー」から約10年で
やっと出会えた傑作。

その後やはりというか駄作が続き、
これが最後の大作となるのだろう。

この作品は豪華な役者が揃っており、
特にジョン・ウー作品に出ている両親に
いたっては”よくぞ選んでくれた”と嬉しく思う。

また酔拳がベースとなっているので
オーバーなギャグもすんなり受け入れられる。
最後の決闘にしても時代劇の頃を思い出す出来だった。



●●●●●●●●●●●●●●●●●

麻雀の役って一杯ありますよね~。('-'*)フフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回はタンヤオに焦点を当てたいと思います。(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!


一翻役の1つ。


ヤオチュウハイ、つまり1,9牌と字牌を1枚も持っていなければ、断公九は成立するんですね。

?九牌以外の牌の数は約6割と多く、条件も覚えやすいため、
あがりやすい役とされている。また、平和や対々和など他の役とも複合しやすい。


メンゼンでなけらばならない(ポンやチーをしない)か、
そうでなくても成立するかはその地方や場所、サイトにより差がある。

前者を俗に「喰いタンなし」後者を「喰いタンあり」と呼び、
天鳳などそれぞれに対応した卓がある場所もあります。

「喰いタンあり」とされるルールが日本では多く使用されているが、
あくまでもローカルルールであるため、事前の確認が必要ですね。

喰いタンありの時は、速攻や差し込みの手段として得点以上の意味を持つ。


「メンタンピン」の「タン」はタンヤオのことである。
このことからも平和(ピンフ)と同じく麻雀の基本的な役と言える。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

タンヤオ(出現割合:21.4%)
2~8までで揃える役。
喰いタンが有りのDORA麻雀では早上がり重視でかなりオーソドックスな役。
喰いタン有りというのはDORA麻雀の大きな特性で、鳴きが好きな人からすれば嬉しい役だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ( ̄ヘ ̄)ウーン


今から6時間後には待ちに待った高校の時の塾の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~x・)ぷっ

DORA麻雀 違法




おすすめ記事




コメントの投稿

非公開コメント

 X 閉じる